2008年7月24日

茨城県つくば市の独立行政法人「土木研究所」にて、

今までに例がない、世界初とも言える外壁にレンガを積んだ家の実物大

「レンガ積み工法3次元耐震実験」を行いました。

【1回目】阪神淡路大震災の100%の加震

【2回目】阪神淡路大震災の150%の加震

【3回目】新潟中越沖地震の120%の加震

 【4回目】新潟中越沖地震の70%の加震  

各過震実験後、レンガの外壁にひび割れ、破損等が無いか細かくチェックします。

専門のスタッフが外壁の隅々まで検証します。

家の内部、構造部分へのダメージも厳しくチェックします。


1日に4回もの大地震以上の加震を加えても、レンガの外壁、内部構造体にも大きな破損、ダメージはありませんでした。

タテ・横、更にコーナーに独自の鉄筋補強したレンガの外壁構造。

タテ・横に独自の鉄筋補強したレンガ積みの家は、地震にも圧倒的に強いことが改めて証明されました。


「レンガ積み工法三次元耐震実験」の様子は

H20年8月にKNBニュースでも紹介されました。

【2008年8月 日本住宅新聞】

「レンガ積み工法三次元耐震実験」の様子は

H20年8月に日本住宅新聞でも紹介されました。